ワキガ体質を見分けるポイント

もしかしてワキガかも?と思ったときに、自分でできるセルフチェックの方法があります。

よく言われているのは「耳あかの状態」でワキガ体質かを知る事ができます。

カサカサと乾燥した耳あかであればワキガの可能性も低いのですが、湿った耳あかの場合はワキガ体質であると言えます。その理由はアポクリン腺にあります。

ワキガの原因はアポクリン汗腺からの分泌物であるとされていますが、耳あかが湿っている人はそのアポクリン汗腺の量が多いということが理由とされています。

またアポクリン汗腺は生殖器付近にもあり、生殖器からキツい臭いがするという人もアポクリン汗腺の量が多いと言えます。これをすそワキガと呼びます。

次に、脇汗をかいたあとの服に付いた黄ばみがあるという人もワキガの可能性があります。アポクリン汗腺から出た汗は服に付着すると成分が反応して黄ばんでしまうという特徴があります。

ワキガは両親からの遺伝の確率が高いとされています。ご両親や親族にワキガ体質な人がいるならば、それもワキガ体質かどうかを見極めるためのチェックポイントとなります。

 

ちなみにワキガで誤解されがちなことで言えば、「ワキガは人に移る」というのを耳にしたことがありませんか?

私も昔はワキガの人が使った衣服やタオルを使うと移ってしまうと聞いた事がありますし、それを信じていました。

ですが実はこれって間違いなのです。

先程も書いたように、ワキガの原因はアポクリン汗腺の量に関係しています。アポクリン汗腺は生まれつきそれぞれ違いますのでワキガが他の人に移ってしまうということはありません。

衣服やタオルを同じ物を使って感染というのは、ただ単に臭いがついてしまっただけということになります。ワキガの臭いは洗濯では落ちにくかったりもするので、臭いがついたまま同じ衣服を着ると脇の辺りからワキガの臭いがする。ということですね。

その場合、消臭殺菌効果のある洗剤で漬け置きしたあと洗濯すると臭いもなくなるのでオススメです。