低年齢化するワキガ

現代の日本では食べ物の欧米化などにより早くにワキガを発症してしまう子どもが増えてきています。

では我が子がワキガになってしまったとき、親はどのようなケアをしてあげると良いでしょうか。

それにはまず、親子でワキガのことを理解していくことが大切です。

発症してしまうとショックを受けてしまいやすいワキガは、思春期の子ども達にとっては大問題であり精神的にも落ち込んでしまいがち。正しくケアをしながらワキガに向き合っていきましょう。

特に、子どもは汗っかきなので脇を清潔に保つ事は大切です。清潔にして菌の繁殖などを抑えることで気になる臭いも多少は抑える事ができます。

最初は軽度のワキガで臭いもそれほど強く感じられないという場合でも、成長するにつれて脇の臭いが強くなっていくことがあります。

洗濯した後の衣類に、ワキガ臭が染み込んでいて臭いが残ってしまうことも。そんなときには洗剤を殺菌消臭効果のあるものに変更してあげることで衣類についた臭いも気にならなくなりますよ^^

食事面も刺激物や強い臭いを発するたべものはなるべく避けてあげると、臭いのレベルを抑えられます。

日々のケアとしてできることは、汗とりパットや汗拭きシートなどを利用するのも良いでしょう。こまめに汗を拭いて清潔にしておくことが最も重要です。汗をキレイに拭き取ったあとにデオドラントクリームなどを塗ってあげると更に効果は持続してくれます。

こどもは体育の授業や外遊びなど、汗を流すタイミングは山ほどありますので、少し面倒ではありますがたくさん汗をかいた後にはきちんと拭き取るようにしましょう。クリームなどは刺激の強い物もあるので子どものお肌にあったものを選んで持たせてあげるようにすると良いでしょう。

とてもデリケートな問題でもあるので両親としてはどこまで踏み込んでやればいいのかと悩んでしまいがちですが、正しいケアをおこなうことで少しでも悩みのタネが小さくなればと思います。